ホーム > 製品情報 > ロートセル抽出装置 (RC)

製品情報ロートセル抽出装置
(RC)

食用油脂抽出プラント

概要

ロートセル抽出装置は、気密構造の胴と18個のセルを取り付けている回転体より構成され、セルの底板は、多孔板で開閉できる構造になっています。
胴板の底部は、数個のコンパートメントに仕切られており、それぞれ濃度の異なる抽出液を受けます。
回転体が1回転する間に、セルへの原料固体の投入、抽出および抽出された固体の排出が、連続的に行われます。
新しい抽剤は、最終段近くのセル上に送られ、コンパートメントに受け、回転体の回転と反対方向の各段に、次々とポンプで送られ、原料供給部近くで、高濃度抽出液として取り出されます。
抽出された抽出済固体は、十分に液抜きされた後、セル底板が開き、シュートに排出されます。

関連キーワード

ロートセル抽出機、向流循環型連続式抽出機、ロートセル抽出装置 (RC)、コンパクトロートセル抽出装置 (RC)、バッチシリンダー抽出機

特長

GMP対応ロートセル抽出機
  1. 連続運転による省力化、大容量処理が可能
  2. 向流接触により目的成分の効率的連続抽出、高濃度抽出が可能
  3. 密閉構造内で抽出する為、作業環境がよくコンタミの危険性が少ない
  4. 構造が簡単で、保守が容易

構造図

構造図

仕様

[概略寸法 ]

本体高さ:
3,800mm (駆動部含む)
本体外径:
3,000mm
セル高さ:
1,800mm
セル外径:
2,700mm
全セル容量:
6,000L

(他寸法のロートセル抽出装置 (RC)も製作しています。)

主な用途

・ 生薬原料・穀物類等、天然物からの有効成分抽出
・ 脱脂(油分除去)

納入実績

納入場所 原料 能力(t/d) 納入年
神奈川 大豆 200 昭和33年
静岡 大豆、菜種 200 昭和34年
愛知 サフラワ、大豆 400 昭和36年
神奈川 大豆、菜種 1,350 昭和38年
岡山 大豆 300 昭和39年
兵庫 大豆 1,000 昭和42年
兵庫 大豆 1,650 昭和42年
静岡 大豆 1,400 昭和46年
兵庫 大豆、菜種 1,300 昭和48年
茨城 大豆、菜種 1,200 昭和48年
福岡 大豆、菜種 1,000 昭和55年
千葉 大豆 1,200 昭和55年
台湾 大豆 2,000 昭和59年
韓国 大豆 1,000 昭和60年
千葉 菜種 900 昭和61年
大阪 米糠 80 昭和61年
タイ 米糠 100 昭和62年
神奈川 大豆 100 昭和62年
中国 大豆 600 平成2年
千葉 菜種 1,200 平成2年
兵庫 大豆、菜種 平成7年
兵庫 大豆 平成7年
兵庫 大豆 平成7年
神奈川 大豆 平成7年

本製品に関するお問合せ

プラント営業部 TEL 044-572-8924 / FAX 044-382-0261

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ