ホーム > 製品情報 > SNG(代替天然ガス)製造装置

製品情報SNG(代替天然ガス)製造装置

膜分離式脱炭酸小型SNG装置

概要

SNG(Substitute Natural Gas:代替天然ガス)装置は、LPG(Liquefied Petroleum Gas:液化石油ガス)、ナフサ、COG(Coke Oven Gas:コークス炉ガス)等を原料に改質を行い13A(11,000kcal/Nm3)の都市ガスを製造します。
本装置の脱炭酸工程を、従来の湿式法から膜分離法に切り替え、コンパクト、低コストでしかも運転操作の簡易化を達成しました。

関連キーワード

膜分離式SNG装置、小型SNG装置、SNG装置、代替天然ガス装置

特長

SNG(代替天然ガス)製造装置
  1. 国内外に建設実績が豊富なCRG(Catalytic Rich Gas)低温改質プロセスを採用
  2. 熱効率が非常に高い
  3. 多種の原料(ナフサ、LPG、COG等)が使用可能
  4. シンプル構造の断熱リアクターでメンテナンスが容易
  5. 長寿命で信頼性が高い改質触媒(CRG触媒)の使用
  6. コンパクトな配置
  7. 騒音の発生が少ない
  8. 脱水設備が不要

炭酸ガス分離膜詳細図

炭酸ガス分離膜詳細図

フロー図

膜分離式SNG装置フロー図

主な用途

・ 都市ガス事業用

納入実績

納入年 納入場所 能力 x 換算熱量
(Nm3/D x Kcal/Nm3)
基数 原料
H 8 静岡 210,000 × 11,000 1 ナフサ
H 8 秋田 50,000 × 11,000 2 LPG
H13 石川 100,000 × 11,000 1 LPG
H13 福岡 75,000 x 11,000 2 LPG
H14 石川 100,000 x 11,000 1 LPG

本製品に関するお問合せ

プラント営業部 TEL 044-572-8925 / FAX 044-382-0261

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ