ホーム > 会社情報 > 事業概要 > 海外展開

会社情報海外展開

海外展開の取り組み

当社は、1969年台湾にて、海外プラント建設の第一号となるメタノール合成プラントを受注し、その成功を収めて以来、東南アジア諸国を中心とし、全世界にプラント建設の経験と実績を着実に築いて参りました。
近年は、経済成長が著しい東南アジア地域に重点を置き、プラント案件の取組強化を図っており、同地域での顧客開拓とプラント案件への迅速な対応を目的として海外拠点の設置を進めております。
また、単体機械事業の主力製品である三菱セルフジェクタについては、これまでにオランダに貿易販売会社を設立し欧州造船業界に向けた対応を実施し、さらに近年は中国/上海に貿易販売会社を設立し、躍進する中国造船業界へ積極的な事業展開を実施しております。
当社は、各種プラント建設及び単体機械製作・販売の中でこれまでに培ってきた技術力、マネジメント力を活かし、活発な投資が期待されるアジアの新興国で、今後も産業・社会基盤の整備、発展に貢献していきます。

海外プラントの実績

海外プラントの実績

海外プラント建設

タイ拠点(MKK Asia Co., Ltd.)

タイ拠点(MKK Asia Co., Ltd.)2010年、タイのバンコクにMKK Asia Co., Ltd.を設立しました。
MKK Asia Co., Ltd.は、タイへ進出されるお客様、既に現地でオペレーションされているお客様の工場建設/改造/メンテナンスにおいてお役に立つべく、計画から施工、その後の保全まで、日系ならではのきめ細かいサービスをご提供いたします。

MKK Asia Co., Ltd.

台湾拠点(台湾代表者事務所)

台湾拠点(台湾駐在員事務所)台湾は、当社の海外プラント建設では安定的且つ継続的に受注できる環境の整った国の一つです。これまで、個別案件毎に、台湾政府より建設ライセンスの認可を受け、プラント建設を行って参りました。実績としては、日系化学企業の新工場建設工事を主とし、直近では台湾の大手化学会社である中国石油化学工業開発股份有限公司(CPDC)様からご下命頂きました水素製造設備を完工し、その性能と品質及び当社の安全・工程管理能力に対し高いご評価をいただき、台湾ローカル企業様にも当社の台湾での存在感を高めております。
このように日系企業様、台湾ローカル企業様の厚い信頼を得て、お客様のご要望に迅速に応えるためにも、当地での拠点設立準備に入りました。
まずは、2012年4月、台湾駐在員事務所を設立しました。お客先様のニーズを的確に掴み、また台湾ベンダー・サブコントラクターとの協力関係を強化・維持することを目的とし、今後の営業活動拠点設置の事前調査を開始いたしました。

マレーシア拠点(マレーシア営業所)

当社は、2000年に受注した案件を皮切りに継続的にマレーシアでプラント工事を施工できる様にするため、支店格を取得、この数年も日系のお客様の大型案件を継続的に施工しております。
当社はこの地域を重要市場と捉え、引続き積極的に営業活動を展開、当地へ新たに進出されるお客様、或いは既に進出済みのお客様の建設計画のお手伝いを続けて参ります。

中国拠点(菱化機械技術(上海)有限公司)

中国拠点(菱化機械技術(上海)有限公司)2008年9月、中国/上海市に菱化機械技術(上海)有限公司を設立致しました。(2019年に菱化貿易(上海)有限公司より名称変更)
本公司は 躍進する中国造船業界へのセルフジュクター事業展開を目的とし、販売活動のみならず、アフターサービス 並びに 造船所、船主に対する技術サポートを実施しております。

菱化機械技術(上海)有限公司

欧州拠点(MKK EUROPE B.V.)

欧州拠点(MKK EUROPE B.V.)1995年1月、オランダ/アムステルダムに三菱商事株式会社との合弁にてMKK EUROPE B.V.を設立致しました。
欧州船主、欧州を運航する各船舶へのアフターサービス、技術サポートを実施しております。

MKK EUROPE B.V.

ページの先頭へ